So-net無料ブログ作成

■タイムマシン■その6 [テレビ]

■タイムトンネル 第1話 『タイタニック号の最後』■


 タイタニック号は歴史上もっとも有名な豪華客船で、1912年4月14日、ニューファンドランド沖で氷山に衝突、翌15日に沈没した。トニーはタイムトンネルの完成を急ぐあまり、未完成のタイムトンネルのゲートに飛び込む。そして、行き着いた先が、このタイタニック号だった。沈没するのは分かっているが、タイムトンネルはまだ未完成で、トニーを回収できない。このままでは、トニーが死んでしまう。そこで、主任技師ダグ フィリップス博士は、タイタニック沈没を伝える新聞をかかえ、タイムトンネルのゲートをくぐった。タイタニックにタイムトラベルし、トニーとタイタニックを救う、つまり歴史を変えようというのだ。
 ダグとトニーは、船長に新聞を見せながら、タイタニックの暗い未来を説明する。コースさえ変えれば、タイタニックの事故は歴史年表から消えるのだ。しかし、船長は信じようとはしない。衝突の時間は、刻々と迫る。そして沈没する直前に、ダグとトニーを回収するが、タイムトンネルには戻れず、違う世界へとタイムスリップしてしまう。

   <続く>


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。