So-net無料ブログ作成
エッセイ ブログトップ

タイムマシンを作る方法(ディスカバリーチャンネルより) [エッセイ]

アインシュタインが提唱した時間旅行の原理。
それをわれわれは実現できるのだろうか?


nice!(1)  コメント(1) 

■タイムマシン■その7 [エッセイ]

■タイムトンネル 第6話 『火山の島』■
 ダグとトニーは、タイムトンネルにより、火山が噴火するジャングルに時空移動する。そこには、英国学士協会から派遣され、この地域を調査しているホーランド博士がいた。ホーランド博士と話をするうちに、その火山がクラカタウ火山だと知る。さらに、ホーランド博士の娘の日記から、今日が1883年8月26日だと知り、2人は仰天する。翌8月27日に、このクラカタウ火山は歴史上最大の大噴火を起こすからだ。
 それにしてもこの2人、相当な物知りだ。頭のいい人は何でも知っている、子供心にそう憧れたことを覚えている。とにかく、2人はホーランド博士に事情を説明し、島を脱出することを進言するが、信じてもらえない。その事情というのが、自分たちは未来人で、未来はすべてお見通し、やはり説得にはムリがある。

 どういうわけか地球物理学にもやたら詳しいダグは、明日噴火なのに、今でも爆発しそうな状況に疑問をいだく。タイムトンネル側でも同じ認識でやきもきしていたが、やがて驚くべき事実が明らかになる。今日は8月26日ではなく、8月27日、つまり大噴火の当日だったのだ。ホーランド博士と娘は、ロンドンを出発し西に進み、日付変更線を超えた。つまり、日付が1日ずれていたのである。いつも懐中時計を持ち歩き、時間に気を使うホーランド博士だったが、当時の懐中時計には日付は表示されない。
 やがて、地球の歴史上最大の噴火が始まる。大地震、そして火山が吹き上げた粉塵は空を覆い、世界が終わるかのようだ。間一髪で、タイムトンネルは2人を別の世界へ送り込む。時間を超越しながら、いつも時間に追われるハラハラ・ドキドキ感。じつに絶妙であった。

 クラカタウ火山は、インドネシアのスマトラ島とジャワ島にはさまれたスンダ海峡に位置する。タイムトンネル 第6話『火山の島』の題材となった1883年の大噴火では、火山島の中央部がまるごと吹き飛んだという。その爆発規模は有史以来最大級で、噴煙は70kmにまで達し、地球全体を覆いつくしたと記録されている。一つの火山噴火が、世界全体に影響を及ぼしたのである。さらに、山が崩落し、高さ20mを超える津波が発生、36000人もの犠牲者をだしたという。
 ところが、その120年後の2004年12月26日、同じスマトラ沖で大地震が発生した。前回同様、地震による大津波で、16万人もの人々が犠牲となった。歴史的にも、大災害の起こりやすい地域である。

   <続く>


■タイムマシン■その2 [エッセイ]

■タイムトンネル■
 しかし、この不毛の話を実現しようとした国家プロジェクトがあった。もちろん、TVドラマの世界ではあるが。1966~1967年に、アメリカABCで放送されたTVドラマ『タイムトンネル』である。『タイムトンネル』はNHKで放映されたが、NHKがこのようなSFドラマを放映することは珍しかった。あの印象的な砂時計と、チックタックという音で始まるオープニングを覚えている人も多いだろう。
 『タイムトンネル』はSFとはいえ、科学と歴史が好きな人間にはたまらない魅力があった。同じSF TVドラマシリーズの『原子力潜水艦シービュー号』、『宇宙家族ロビンソン』の制作者アーウィン アレンの第3作目にあたる作品である。

 アーウィン アレンは、TVドラマのほかに、『ポセイドンアドベンチャー』や『タワーリングインフェルノ』などの劇場用映画も手がけている。作品はわりとメジャーなのだが、この世界で歴史を刻むにはもう一押しだった。アーウィン アレンは、先のTVドラマ『宇宙家族ロビンソン』の映画化を目論んだが、夢かなわずこの世を去っている。が、後にアーウィン アレンの妻の尽力もあり、1998年、映画『ロスト イン スペース』で、夢はかなった。よくできた映画だが、登場人物が同じという以外にTV版との共通点はない。つまり、この2つの作品は世界観がまったく異なる。

 ところで、このアーウィン アレンの『原子力潜水艦シービュー号』、『宇宙家族ロビンソン』はDVD化されているが、『タイムトンネル』のDVDはない。むろん、ビデオも販売されてないし、レンタル ビデオ ショップでも見かけない。さらに、BSはもちろん、CSでも見たことがない。たいていの懐かしのTVドラマは、現在ほとんどCSで見ることができるのに。もはや、『タイムトンネル』を観ることができないのだろうか?

 結論からいくと、『タイムトンネル』を観る方法は一つだけある。昔出たLD版をオークションで入手することだ。このLDは、発売当初、Vol 1 とVol 2 合わせて、8万2400円もしたが、今でも値段は変わらない。リッチな人は月給で、そうでない人もボーナスで買える金額だ。
 LDには、日本で未放映の2作品も収録されている上、吹き替えも当時のままだ。また、大判の美しいグラビア付きの解説書はとても充実している。翻訳者と吹き替えの声優の座談会まであり、あのタイムトンネル独特の世界観が脳内によみがえる。

 ところが、仮にLDを入手したとしても、肝心のLDプレイヤーが店頭から消えつつある。LD専用プレイヤーはすでになく、DVDとのコンパチプレイヤーが12万円!で販売されるのみ。LD の世界はとうに終わったのだ。このような事態を事前に察知したがために、バックアップ用含め、LDプレイヤーを2台も買うはめになった。とにかく、マニアはカネがかかる。
 いずれにしても、コンテンツの再利用が叫ばれる昨今、これほど入手困難なソフトも珍しい。せめてDVDぐらいリリースできないものだろうか。ところが、そのDVDメディアも先行きが不安だ。ブルーレイ ディスクのような次世代のメディアが登場するからだ。やがてDVDプレイヤーもLDプレイヤー同様店頭から消え、物語と映像がぎっしり詰まったDVDも、タダのアルミ盤と化す。心配のタネは、『タイムトンネル』だけにとどまらないのだ。ユーザーは、コンテンツに金を払うのであり、容れ物のアルミ円盤に金を払うのではない。技術の進歩がユーザーの利益を阻害する典型的なパターンといえる。

  <続く>


■タイムマシン■ [エッセイ]

■タイムマシン■
 歴史好きの人間にとって、もっとも興味がそそられるのは、『歴史を本物の映像で見る』ことだろう。タイムマシンはありえないと、初めからあきらめがついている。目の前で、時計が逆回転していく様など想像できないし、もしそんなものがあれば、すでに未来人が来ているはずだ。いや、ひょっとすると、すでに来ているのかもしれない。

 UFOがらみで最も信憑性が高いとされるのが、ロズウェル事件。1996年、このロズウェル事件で回収されたとされるエイリアンの解剖フィルムが、TVで公開された。番組によると、このフィルムをつくるには1億円かかるから、元をとるには相当PRしないといけないとかで、盛り上がっていた。要するに、新手のビジネスなのである。番組のスタッフも信じてないし、観ている方も「エイリアンの網膜は、薄手のセルロイドかな?」という具合だった。しかし、そのエイリアンを見たとき、「未来人とはこんな姿かもしれない」とふと思った。
 グレイと呼ばれるこのタイプのエイリアンは、頭が異様に大きく、手足が退化している。テクノロジーのせいで肉体が退化し、頭だけ発達した未来人を彷彿させる。目撃されたとされるエイリアンは、ひょっとすると未来人かもしれない?遠い宇宙の彼方からやってくるのか、それともはるか時間の彼方からやってくるのか?不毛の話はこれくらいにして、本題にもどることにする。

 タイムマシンはムリとしても、『歴史を本物の映像で見る』ことはできないだろうか?一家に一台、タイムテレビジョン。TV画面の前にすわり、チャンネルをまわすだけで、どんな時代、どんな場所でも本物の映像を映し出せる装置。地球上に存在したすべての世界を、時空を超えて見ることができる。そんなTVがあったら、残された人生すべてを、そのTVの前で過ごすことになるのだが。
 例えば、2000年前、イエスの皮膚から反射した光は、微弱ではあるが宇宙のどこかをまださまよっているはずだ。それを集光し、結像できたら・・・。こちらも、だんだん不毛の話になってきた。

  <続く>


エッセイ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。